雇用調査も企業防衛

雇用に少し明るい兆しが見えてきました。リストラで就職活動。最初は少々不合格でも、時間が経つにつれてあせりを感じ始めます。生真面目で、まっすぐ素直にしか再就職の面接にも受け答えができない。そんな人もいれば、以前の職場事情なんて、どうせわかるはずもない。と、履歴書に記載する事項を、少しオーバー気味に書き、再就職の面接へと向かう人もいます。
まだ、少しオーバー気味ぐらいならなんとかなるものですが、困るのは技術職の技術者募集。
やったことのない職種を、経験者だと偽り採用してもらい、入ってからやったことありませんでした。という人も中にはいるようです。採用を行うにも費用をかけ、広告を出す必要があります。また、欲しい人材が集まらず、必要のない人材にお金をかけることになってしまえば、企業にとっては結構な損失です。時間もこなせるはずの仕事も、仕事を教えなければならない労力も。大きな企業であれば、あまり痛手を受けることはありませんが中小企業なら、かなりの痛手を被る事になります。
そんな憂き目に遭わないために、探偵を使った雇用調査で、企業防衛を行っているところがあるようです。
前職についてや所在など、履歴書に記載されている情報に嘘・偽りがないのか検証する。本当に欲しい人材を取ることができます。
企業の経営を守る、リスクマネジメント。こんなところにも、目を向ける必要があります。

Copyright© 2015 企業防衛&盗聴器発見ナビ All Rights Reserved.